僕のサッカー履歴書~①根本的なサッカー観から~

はじめまして。管理人のItiiki(いちいき)です。

まずはじめに当ブログの価値観から。

「ガンバ大阪を応援する」を前提に、様々な情報の展開・戦術の分析を行っていこうと考えています。

ひいきチーム以外の情報は目に入れたくないわ!!

という方はブラウザバックを推奨します。

 

この記事ではまず、僕のサッカーに関する経歴から紹介したいと思います。そして、なぜガンバ大阪の戦術を考えるようになったのか?そのきっかけも説明します。

はっきり言って僕自身は大したことない人間です。サッカーも下手ですし、長いことサッカーを観てきたわけでもありません。ガンバを応援するようになったのも最近のことです。ずっと応援してきた方に比べれば、チームの事情なんかにも疎いと自覚しています。

にわかのお前にガンバの何が分かんねん!と言われてしまえばそれまでなのですが、そんな人が書いているんだな~とだけ、心に留めて生暖かく見守っていただければ幸いです。

※ちょっぴり量が多くなったので①と②に分けました。①では僕の幼少期の経験からサッカーを再び観戦するようになるまで、②ではパナスタデビューから今季のここまでの振り返りを行っています。

幼少期~中学生

僕のサッカーの始まりは1998年フランスW杯を観戦したことから始まります。

当時小学校1年生の僕はこの大会をTV観戦したことで「サッカーっておもしれえ!」と単純に思い地元のサッカー少年団に入団しました。

今思い返せば何がおもしろかったのかを思い出せませんが、他国同士の試合の光景が今でも脳裏によぎります。それだけ衝撃的だったということでしょう。

ちなみに僕がサッカーをやっていたときは3バックがデフォでした。2002年日韓ワールドW杯でトルシエ監督のやっていたフラット3ですね。僕自身は3センタ―の真ん中のポジションを務めていてこともあり、3バックが当たり前という感覚があったので、4バック全盛時はすごく違和感がありました。

僕自身はプレイヤーとしては下手っぴでした。周りの子より体格だけはよかったので、DFとGKをなんとかやっていたってかんじで、基本的な技術は低いです。だからこんな僕が他人の技術についてとやかく言える筋合いはないのですが…、観る側として上手い下手は測れるので、傲慢にも記事を書いていこうと思います。笑

あと、このときは京都パープルサンガ(現京都サンガ。いつのまにパープルなくなったんや?)を応援していました。京都に住んでいたし、このときはまだJ1にいたんですよ。ガンバの現役レジェンド・遠藤保仁選手が在籍していたこともあります。今のサンガは長いことJ2暮らしですが。当時数試合観に行った覚えがあるのですが、それなりに面白かったというような印象です。そこまで熱心に応援していたわけではありませんでした。今季のサンガはいまのところJ1昇格の可能性を残しているので来季を少し楽しみにしています。

そこから紆余曲折ありつつなんやかんや中学生の途中までサッカーを続けるのですが、結局興味がなくなりやめてしまいます。

~2018年度まで

いっきに最近まで飛ぶとか薄っぺら!!と思うが、わが人生そんなもの。

W杯と日本代表の試合を観るぐらい、最近ようやっとEUROを観出したくらいの興味しかありませんでした。

ではなぜこんな駄文を書きだすに至ったか?

始めのきっかけはEURO2016時にウイニングイレブンクラブマネージャーを始めたこと。

ウイニングイレブン クラブマネージャー(ウイクラ)公式サイト
ウイニングイレブン クラブマネージャー(ウイクラ)公式サイト│WinningEleven CLUB MANAGER-KONAMI

このゲームで最近の選手を知れたことは大きい。たぶんマイナーゲームなんだろうけど、選手データや現在の選手状況を大まかに把握するのには役立ったと思う。さらにチーム戦術にもどういったものがあるのかをガイドライン的に教えてくれた。ここから最近の戦術やフォーメーションに興味を持つようになった。最初はかなり違和感のあることも(例:攻撃的なサイドバックってなんやねん…DFちゃうんかよ…)。僕がサッカーをやっていたときは攻守の役割が分かれていましたからね。現在のサッカーには馴染まない点も多々あったと思います。

そこから時は流れ2018年9月15日、運命の日が訪れるのです。

この日が何か?というとヴィッセル神戸vsガンバ大阪の神戸ホーム戦。サッカーにちょっとでも興味がある方はこの時点でお察しでしょう。

イニエスタを拝みに行ったのです。

これについてはどこのファンとか関係なく、彼のプレーを観たいという方は、サッカーに一度でも触れた方は多いのではないでしょうか。僕も本能的に呼ばれました。彼が日本にいるうちにプレーを観てこいと!

イニエスタのプレーはやはりすごいです。ボールタッチのやわらかさが違う。上手い選手は共通してこの手のやわらかさを備えてるように思います。彼が日本にいる間に一度は観に行くべきです。

なんやかんや結果はガンバが勝ちました。そこからガンバの昨季9連勝(正確には2連勝目)が始まります。ちなみになぜガンバ大阪戦を選んだかというと、嫁がガンバファンだからです。この時点では僕はなんでもないサッカーファンだったのですが、たまたま嫁が手に入れた招待券でパナスタに行ったところから 趣味:ガンバ大阪応援が始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました