僕のサッカー履歴書~②パナスタデビュー/今季のおさらい~

①からの続きです。

2018シーズン9連勝→J1残留まで

圧倒的臨場感!!圧倒的熱量!!

最初にパナスタに入ったときの印象です。最新鋭のスタジアムとは聞いていましたが、これほどまでとは。サポーターの応援も大迫力。これがサッカー専用スタジアムか!!!

これまで総合競技場である西京極(現たけびしスタジアム京都、京都サンガのホームです)と直近のノエスタしか行ったことのなかった僕には衝撃でした。ノエスタもサッカー専用でしたが、それを遥かに超える臨場感。

2018年9月29日サンフレッチェ広島戦、僕の記念すべき初パナスタの日です。

試合はファン・ウィジョの決勝ゴールでガンバ1-0の勝利!勝った時のスタジアムの雰囲気は最高でした。ほとばしる脳汁!勝利の乾杯!軽やかな帰路!健やかな就寝!

この日からしばらくして「またパナスタいきてえな…」と病みつきになるのです。あの雰囲気にまた浸りたい…、そう感じるサポーターが多いのではないでしょうか?パナスタ中毒です。

ということでまた浸りに行くのです。2018年10月20日横浜Fマリノス戦。結果はファン・ウィジョ、小野瀬のJ1初ゴールで2-1の勝利!6連勝!!脳汁ドバドバや!!!

この日からガンバ大阪を本格的に応援していこうと心に決めたのです。

結局このシーズン、ガンバは破竹の9連勝を達成、一桁順位の9位でフィニッシュします。この勢いで来シーズンはもっと上位に!!と前向きに締めくくることができました。

2019シーズン開幕~現在(2019年9月時点)

先に書いておくと、今シーズン観戦に行ったのは

第1節横浜Fマリノス(●2-3)
第5節ヴィッセル神戸(●3-4)
第12節セレッソ大阪(○1-0)
第16節湘南ベルマーレ(○1-0)
第19節清水エスパルス(○1-0)
第23節ジュビロ磐田(△1-1)
第26節サガン鳥栖(○1-0)

いずれもホーム戦です。

なぜ僕がガンバの戦術について考えようと思ったのか。それは今季ガンバの調子が悪いからです。勝ちまくっていればウホウホ応援していただけでしょう。何が悪くて勝てないのか?チームの内情とか人間関係の良し悪しとかもあるのだとは思います。でもそれは断片的にしか僕にはわかりません。しかし、サッカーの戦術であれば試合を観て分析することができます。調べれば知識を得ることができます。専門家ではありませんが、ここが良かった・ここはもっと改善できるのではないか等取り上げることはできます。

今後僕が書いていく記事を読んだ方がいてくださったとして、そこは違うんじゃないかとか、たしかにそうだよねと感じることで、ガンバ大阪についてより考えるようになる、またそれを通じてサッカーって面白い、やっぱガンバ好きやわってなってほしいと思っています。

さて、今シーズンについて。去年の勢いを継続して!!と思っていたのですが、序盤からつまずきましたね。第5節神戸戦以降、7試合勝ちなしの状況が続きました。第12節セレッソとの大阪ダービーはシステム変更・若手の起用が奏功し、なんとか勝利することができました。このときは細かな試合の内容がどうこうより、自分が応援しに行った試合でやっと長いトンネルを抜け出せたことに喜びで涙を流していました。

ここから第19節清水戦までは3バックによる守備が安定し、失点少なく負けが減りました(FC東京にはボコられていますが)。しかし得点も少なく、攻撃の形の構築が課題と感じました。

といってるうちに、第20節名古屋グランパス戦からまた勝てないようになり、試合終了間際の失点で勝ち点を手放す試合が続きます。果てには天皇杯で2年連続の大学生相手に敗退。これはなんとかしないとヤバい…今年も降格みえてきたで…。

そしてようやっと9月上旬のルヴァンカップ準決勝FC東京戦で宮本監督はシステム変更を決断、フォーメーションを4-4-2に戻すことで準決勝にコマを進めることができました。続く第26節鳥栖戦も4-4-2を継続、内容には課題を残すもなんとか1-0で勝利できました(フォーメーションは予想通りでしたが藤春の名がスタメンにあったときは驚きました)。

そして現在に至ります。今季ここまでをおさらいすると、

・序盤全然勝てない。宮本監督の首が危ういのでは…。
・大阪ダービーで気迫の勝利。システム変更、若手の積極起用に舵を切る。
・その影響でベテラン選手を次々放出。サイドバックおらんやないか…。ウィジョの胴上げは泣いた。
・元所属の選手が続々復帰するもピタリとはハマらず、コンディションもいまひとつ。
・4-4-2に回帰。ここから調子を上げていけるか?残留は絶対条件!

といったところでしょうか。多分に主観が含まれていますが。

特に大きなトピックは3-3-2-2へのシステム変更だと思っています。まだまだサッカーに詳しくない僕はみたこともないフォーメーションに驚きました。と同時にこのフォーメーションはどう機能するのか、何を目指しているのかを考えるようになります。そこらへんの細かいところはまた別の記事に書いてみようと思っています。

逆に4-4-2に戻したことでどうなったか、これもこの前の鳥栖戦を通じて近日中に取り上げます(といいつつダゾーンしか契約していないのでルヴァンカップは観れていません。今度の大阪ダービーに間に合うか…)。

 

さて、グダグダと長くなりましたが、僕のやりたいことは①の最初と②の最後で書いたとおりです。まずは現状のチームの良い点・もったいない点を取り上げていきたいと考えています。今後の記事もぜひ読んで行ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました