2019.10.4 札幌戦○(5-0) 目を覚ましたアグレッシブネス/プレッシング整備の必要性

戦術分析

最高のフライデーナイトカーニバル!!後半一挙5得点の大勝!!

スタジアムで存分にゴリラにさせてくれましたウホホホホ。喜びを分かち合ってくださったの周りの皆様ありがとうございました。

ツイッターでは全然ふれていませんでしたが、ちゃっかり抽選のベールボールユニもらっちゃってます。ありがとうございます。縁起の良いユニフォームになりました。

 

さて、さっそく試合の振り返りに入ります。まずは両チームのスターティングフォーメーションから。

前情報でもありましたが3-3-2-2(以下、3バック)の形に戻してきました。4バック時のスペース管理ができていなかったですし、相手が3トップ+2ウイングバック(以下、WB)で来ることを考えると賢明な判断だったと思います。そして矢島、福田の再抜擢。ダービー以前からの停滞感を払拭するため、若いメンバーを入れてきたことも奏功しました。極めつけはアデミウソン。スタメン復帰で躍動、前半のPK失敗を含めて彼の日でしたね。カウンターの先鋒となり素早い攻撃を遂行していました。スサエタの起用が無かったのが残念ですが、今日の試合は明確なプランを持っての人選なので、起用法が定まっていない彼を入れることは難しかったのでしょう。

札幌はチャナティップの負傷により荒野をシャドーに、そして鈴木武蔵とジェイの立ち位置を入れ替えてきました。後半はジェイを左にしたり宮澤をアンデルソンロペスに変えたりといろいろやり方を変えてきましたが、どれもしっくりハマらない感じで助かりました。チャナティップの負傷が予期せぬ幸運でしたね。

ガンバがこの試合で一番変化していたのは、アグレッシブに行くメンタルでしょう。良くないときの3バックはボールを持った時に後ろ向きのままバックパス、サイドに運んでもバックパスと消極的で、ボールを握るというよりかはロストを恐れているように見えました。

でも今夜は一変。ボールを持ったらまず前を向く、縦パスを狙う、サイドでも選手が走りスペースメーキング、中盤3枚と両WBの守備への奮闘といった、アグレッシブな姿勢が随所にみられました。前回のダービーの記事でポイント(課題)として挙げたカウンターをどんどん展開してくれました。前半だけでも4回くらいあったかな?アデミウソンはボールを持った時に縦に早くボールを持ち運べるので、彼が起点になっていました。相手のミス等で意図せずボールを奪ったときも、みんなが素早くカウンターに転じる姿勢を示していました。前半のボールポゼッションは46%、シュート数は8本(相手は2本)と数字にも縦に早く攻撃する姿勢が表れています。前半に得点こそはなかったですが、気持ちを入れ替えてきたな~とスタジアムでちょっとだけ安心しました。これを続けられれば勝ちは十分あり得ると。実際後半はカーニバルでしたしね。ボルテージMAXでした。ワンナイトで終わらせてほしくないものです。

今回の記事ではそんなお祭り騒ぎだった攻撃面には焦点を当てません。前回の記事で指摘したカウンターの姿勢と、矢島起点の裏抜けの狙いもみえましたし、パスワークの流動性(スペースメーキングの連鎖)にはまだまだ改善の余地ありですが、選手のアグレッシブな走りにより少しそれができていた部分もありました(2点目アデミウソンと宇佐美の連動、3点目直前の高尾のインナーラップ、藤春の仰天インナーラップなど)。時間があれば解説記事を書くかもです。特に藤春の動きはびっくりかつ面白かったので紹介したさもある。

カーニバルの裏で課題もみえました。特にスコアが動かなかった前半、守備面で気になったことが2点あります。ここでやられていたら後半のカーニバルはなかったはずです。この記事ではそこをメインに分析したいと思います。勝って兜の緒を締めよ、です。

 

①相手ボール時の前線からのプレッシング整備について

この試合、選手に気持ちが入っていましたね。特にインサイドハーフ(以下、IH)の左:倉田と右:井手口のプレーにはそれがよく表れており、守備時には積極にプレスを仕掛け、攻撃時にはどんどん前に走り抜けていました。しかしプレスを選手個人でやっているため、相手ボールの出所を限定することができず、結果空けてしまったスペースを突かれるというシーンが前半何度もありました。ダゾーンで戸田さんが解説されているとおりだと思います。アンカー矢島の両脇を狙われるというやつです。特に井手口が前に出た背後のスペースによく使われていました。それでもすぐに戻って狩りに行けるし、それを最後まで継続できるのが彼の良さでもあるんですけどね。シーンを特定せずに図解してみます。

ボールホルダーである相手左CBである福森に井手口がプレスにいくパターン。このとき矢島の右側にスペースが生まれていることがわかります。井手口が詰めることで相手ボランチ深井へのパスコースは遮断されますが、FW宇佐美がそれに遅れて動くため、相手中央CBキムミンテへパスをまわすことができます。

そこから図のように相手2シャドー・ボランチのいずれかがスペースでボールを受けられるわけです。後方のパス回しでガンバ中盤から前を引き付け、アンカー矢島のどちらかの脇が空いたところに縦パスを入れる。札幌は何回もこれを狙ってやっていました。このスペースで受けられれば、そこから裏に抜けるFWとWBに通すことでチャンスを生み出せます。

次戦以降も札幌は必ず狙って来ます。それもより強力に。対応を整備しないといつやられてもおかしくない状態です。

ではどう対応すればよいのか?それは前線のプレスを連動させることです。上のパターンから一例を考えてみます。

この試合、中盤がプレスをかけにいく→遅れてFWが次のボールホルダーにプレス→間に合わず展開されるというのを何度もみかけました。そのたびに中盤が元の位置かそれ以上戻らなければならないため消耗がえげつないです。実際中盤3人とも走行距離12kmを超えています。1試合だけならいいですが、試合が立て込んでくると持ちませんし、代わりの選手も少ないのが現状です。中盤の負担を減らすためにもFWが連動して動く必要があります。FW2枚なら替えも利きます。

図を解説します。まず井手口がボールホルダーにプレスをかけます。このとき重要なのが相手のパスコースを遮断するように動くこと。この場合だと相手ボランチの深井ですね。このとき小野瀬はは相手WBをチェック。相手のパスコースを内側へ誘導することができます(仮にWBへ出されても後ろ向きで受けることになるので簡単に展開できません)。そしてボールホルダーが中へ入れる直前に手前のFW(この場合宇佐美)が動き出す。ここであわよくばカットできれば理想です。カットできなくてもプレスをかけることで簡単にアンカー脇のスペースに出させることを阻止できます。これだけでも最初にプレスを掛けに行ったIHが戻り、危険なスペースを埋める時間を作ることができます。さらにそこから相手が逆側に横パスを通そうとするとき、もう一人のFW(この場合アデミウソン)が狙ってボールをカットすることができれば占めたもの。そこから一気にショートカウンター(前目で奪ってカウンターに転じること)へ繋げられます。カットできそうにない場合はさらに次のボールホルダーへプレスをかければ、少なくとも相手のスムーズなビルドアップは阻止できるし、後ろで中盤が待ち構えることができます。

ダービー終了時点ではショートカウンターの絵を描くことは難しいと思っていたので、前の記事ではあえて「カウンター」とだけ書いていました。アグレッシブに前から行ってほしかったけど、それができそうな人選と勢いではなかったからです。でもこの試合ではいろいろな「変化」が起きたことによって、カウンターは実行できていたし、FWのプレスの掛け方を整備すればショートカウンターも狙える絵がみえました。このアグレッシブな気持ちによる勢いを「デザインされた勢い」に転じていってほしいと思います。

 

②相手WBの裏抜けについて
特定すると相手左WB菅の小野瀬―高尾間(右WBと右CBの間)、あるいは高尾―三浦(右CBと中央CBの間)への裏抜けです。この動きにどっちが対応するのかあいまいで、前半で3度は狙われていました(そのうちパスが通ったのは最初の1回だけですが)。
最初の前半24:33~のシーンを取り上げます。相手右サイドにいるキムミンテから降りてきているボランチの宮澤にボールが渡った場面。ガンバは中盤が3枚な上、FWがプレスを掛けないので相手は簡単に逆サイドに張っていた左CB福森にボールを展開することができました(ここもプレッシングの課題です)。井手口はすぐさま詰めにいきますが、当然遅れが生じている(横4枚と3枚の違いを想像してください)ので福森はパスを受けるまでに余裕があります。このパスの時点で相手左WB菅は矢印のようにマークをはがす動きをしながら、小野瀬と高尾の間から裏に抜ける動きを始めます。余裕を持ってその動きをみていた福森はワンタッチで菅の動きに合わせた浮き球を供給。そこからの菅のマイナスのクロスはガンバDFに阻まれましたが、ピンポイントに合わせられていたら危ないシーンです。
福森にパスが出た時点で小野瀬も高尾もボールウォッチャーになっちゃってるんですよね。二人とも菅の動きをケアする動きができていません。せっかく後ろを5枚にしてDF間のスペースを埋めたのに、こんなに簡単に間を狙われているのはマズイです。実際これに味を占めたのか、2回目は前半39:47シーン、小野瀬がボールにつられ、高尾もそれをみているところで三浦と高尾の間を抜ける動き、前半44:28のシーンも同様です。いずれも相手左CB福森が高めの位置を取り、そこに逆サイドからボールをショートパスで運び、裏抜けする左WB菅にダイレクトで合わせる(2回目はパスをあげられませんでしたが)。
これを何回も成功されると間違いなく失点につながります。中盤3枚でケアするのは無理なので、FWがプレスをかけることで相手左サイドへの展開を遅らせたいところです。相手左CB福森に余裕を持ってボールを捌かせることは危険です。他の何試合か札幌の試合をみていますが、彼のボール精度は非常に高い。やっぱりここでもプレッシング整備の必要性が感じられました。中盤の酷使は絶対にどこかで体力・気力の限界が来るので、次戦以降に向けて整備していくことを願います。
今回の記事は以上2点を取り上げて分析しました。カーニバルに気をよくして課題のケアを怠ってはいけません。三日三晩続くお祭りにするために、選手には気を引き締めて臨んでほしいと思います。
…冷静な記事を書きましたが、やっぱり心は躍っています。あんな大差の試合はなかなか観られないですからね。金曜とはいえ仕事終わりに駆け付けた方も多いと思います(僕もその一人)。平日にも関わらず、あれだけ声を張り上げ圧を作り上げたサポーターの皆様お疲れさまでした。この大勝はサポーターの力に依るところもきっと大きいです。これからも勝利を分かち合うために、パナスタの圧を高めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました