2019.10.19 川崎戦△(2-2)後編:小野瀬を褒めちぎる~もうFWは小野瀬でいいんじゃないか~

選手解説

さてさて、後編です。

後編のトップ画像の小野瀬もMr. GAMBA(ガンバ写真部員)さんからお借りしています。ありがとうございます。

 

そう、まさに「縦横無尽」「ガンバに欠かせない」選手、我らが背番号8 小野瀬康介です!!

早くも個人チャントが定着してきているように感じます。頭の中でリフレイン!

試合を通じてスーパーな活躍と可能性をみせた小野瀬について、4つのポイントから彼の質の高さを解説します!

(スサエタも取り上げるつもりでしたが、小野瀬を褒めちぎっていたら長くなったので番外編にします。)

 

① 前線からのプレス

今回の話題でこれはまず外せないですよね。2トップを担ったもう一人の渡邉千真とともに賞賛したいと思います。これが欠けてたんですよ、これまでのガンバの3-5-2は。2トップが相手ビルドアップ時のプレス・パスコースの制限を行うことで、中盤の守備の負担を減らし、致命的なスペースの発生をかなり抑えていました。やっとやってくれた!!と思った方は多いのではないでしょうか。

ではどんな動きだったか、一例を下図で確認してみましょう。

今回、相手が4-4-2の形だったため、守備の局面ではガンバに優位性がありました。上の図をじっくり見てください。ガンバの最終ラインは5枚、それに対し相手は2FW+2SHの4枚です。中盤のラインではガンバ3枚、相手は4枚(ボールサイドのSBはボールを受けるため下がり目にしています)です。あれ?中盤の枚数は負けてない?と思いますよね。ここでガンバの2FWの動きが重要になるのです。数的不利な状況では必ずスペースが生まれますが、その生まれる場所をサイドに追い込めばいいのです。FWの2枚がプレスと位置取りでパスコースを制限することで、相手のパス方向を限定することができます。それを表したのが上の図です。図にも書いていますが、

①小野瀬が谷口にプレス(渡邉は山村に出すのを制限)
②井手口はパスを受けた車屋にプレス
③井手口の空けたスペースに入る相手選手には他中盤2枚がシフト
④長谷川の動きには福田が対応
⑤福田が動いても最終ラインは4対3(登里が上がっても4対4)

札幌戦のレビュ―でも書いていましたが、中盤の両脇2枚だけがプレスに行ってしまうと、アンカー矢島の両脇=危険なスペースが生じて狙われます。中盤がプレスに行く前に、2FWがプレスをかけることで、相手のパスコースを制限することができ、その後の守備陣形のシフトにも時間的余裕が生じ、結果、数的不利な状況を避けることができます。

この試合を通じて、小野瀬、渡邉の両FWは献身的に前からプレスに行ってくれていました。地味な働きにみえますが、中盤の負担を軽減する・危険な場面を生じにくくするという絶大な効果があります。後半は相手に押し込まれる場面が増えましたが、前半を相手の思い通りにさせなかったのは、この2FWの働きによるところが大きいです。特に小野瀬はプレス以外にもピッチを縦横無尽に駆け回っていました。その献身性に頭が下がります。これだけでも小野瀬をFWに据えた意味が十分にありました。が、まだまだあります!

 

② ビルドアップへの貢献~なぜ1得点目が生まれたか~

僕が再三「小野瀬は良い選手」だと言う理由の一つに「スペースをみつけて、常に走れる」ことが挙げられます。つまり、一つはスペースをみいだせることの賢さ、もう一つが試合の最後までそのスペースに走り続けられる献身性です。今回はFWとしてもその能力が役立っていました。ビルドアップに関しては前者の「スペースを見つけ」て、ボールを受けるため下りてくるシーンがみられました(スサエタはこれをもっとやってました)。その後の展開でも、いつもと違う位置にいるからこそ、また彼の持ち味が発揮されたのです。それが1点目に至るまでの前半4:06~のシーンです。

ちなみに、このシーンに至るきっかけは、「小野瀬のプレス→相手縦パスずれる→東口拾う」だったんですよね~。ここでも彼の動きが効いているわけです。

その後、矢島が2CBの間に下りてきてボールを持ったシーンです。ここで小野瀬は、相手中盤以上の6枚で囲われた中にスペースを見つけ、下りてきてボールを受けます。本来このスペースには矢島が居るのですが、小野瀬は矢島が下りたことで生まれたスペースを活用したのです。

ここで一旦ボールを三浦に戻して、三浦は矢島に渡す。このときも小野瀬はスペースで受けられる動きをしていました。それにより若干ですが、相手CBの山村は小野瀬に意識を取られています。ちょっとしたことですが、こういう動きの積み重ねが相手守備に綻びを生じさせるのです。さらに、常にスペースに入る動きでパスコースを増やすことは、ビルドアップの安定に繋がります。パスコースが多いと相手はどこにプレスをかけるか、またどのコースを遮断するか判断に迷いますからね。ここでは、矢島は左の藤春に大きく展開で裏狙い。

このロングボールは上手く通ったとはいえないのですが、藤春の素早い動きによりボールをかっさらい起点にすることに成功。ここからサポートに来た倉田に折り返し。このとき相手の右ボランチ守田は倉田を追っているので、その背後と左ボランチ大島の間にスペースが空きます。小野瀬はビルドアップに参加していた位置から、このスペースまで上がる。ここで倉田とコンビネーションで崩しにかかります。

パスはカバーに来た登里にはね返されるのですが、再び小野瀬が拾いながらワンタッチで利き足(右)側にトラップ、そこから強烈なミドルシュート!バーにはね返されるも、詰めた渡邉がゴール!!

小野瀬は力強いミドルを持ってるんですよ!昨シーズンの第31節アウェイ浦和戦のゴールを思い出させます。

上のゴールなんて逆足ですからね。 こういう豪快な1発も小野瀬の持ち味です。

なぜこのゴールが生まれたか。それは上の図を追ってもらえれば分かるように、常に小野瀬は空いたスペースに入る動きを続けているからです。ゴールに至るまでの崩しは綺麗ではないし、ボールのはね返りの運もありますが、彼が常にスペースに居たからこその展開です。WBをやっていては、そもそもあの位置取りはできません。彼のスペースをみつける能力が、FWだったからこそ活かされたのです。WBは外に大きく開いているので、活用できるスペースがそもそも多くありませんが、ピッチの内側では敵・味方のポジショニングによって様々なスペースが生まれます。彼のようなスペースを突くのが上手い選手は、内側に居れるポジション(FW、IH)が向いているのではないでしょうか。

この試合を受けて、小野瀬が今後どのポジションで起用されるのか。楽しみな話題が増えましたね。

 

③ 巧みな動き出し(スペースの創出)

小野瀬はスペースをみつけるだけに留まりません。巧みな動き出しによって、スペースを作る動きもできるのです!

前半12:58~のシーンを取り上げます。

このシーンは映像で見返してください。思わず「上手い!」と感嘆するはずです。動きの解説は画像に盛り込みました。簡単にいうと、裏抜けるぞ!と見せかけて谷口を下がらせる→その空いたスペースでボールもらう動きです。中盤の選手だからできるんでしょうね。純粋なFWならその逆の動き(戻るぞ~と見せかけて裏に抜け出す!)をするでしょう(これが上手いFWもいますが)。巧みな動きでスペースを作り、そこを突く。常にスペースを狙う意識を持っていることがよく分かりますね。

 

④ 高確率・高精度のクロス

ここまでピッチ内側でのプレーを取り上げてきましたが、SH,WBをやってきた選手なので、サイドでのプレーも当然得意です。この試合ではサイドに流れて起点になったり、守備時にサイドまでプレスに行って、そのままサイドでプレーする場面がみられました。

小野瀬が敵陣サイドの深い位置でボールを持てば、チャンス確定といっていいぐらいです。特に相手と1対1の場面では、フェイントで相手をかわして、高確率でクロスを上げてくれます。福田には申し訳ないのですが、これまでのWB小野瀬と、この試合のWB福田を比べると分かりやすいのではないでしょうか。福田はクロスまで行ききれていなかったですよね。小野瀬は足元の技術でかわしてクロスを上げきっている場面が何度も思い浮かびます。実際、90:50~のシーンでは、右サイドをゴールライン際までえぐり、クロスを上げきっています。

そして、なんといっても2得点目のシーン!

このピンポイント加減!このあとのシーンは痛々しいですが、このクロス、このゴールは最高です!前節のアデミウソンへのクロスと同じ質ですね。2節連続アシスト!

もはやサイドでの質の高さは当たり前になってきました。これでFWとしての献身性と得点力を身に付ければ、 恐ろしい選手になれそうです。

いかがでしたでしょうか。小野瀬の質の高さをよく分かっていただけたのではないかと思います。何度も言いますが、彼は本当に良い選手です。何より賢い。だからFWを任されても十二分な力を発揮できるのです。これからもガンバの中心選手として長く活躍してほしいですね。

これからも小野瀬の活躍から目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました