番外編:ポジションに縛られない「スサエタ」という役割

選手解説

さて、お待ちかね×2。大阪ダービー以来のスサエタ登場です!

スサエタ出してくれよ!!って思ってた方多いんじゃないでしょうか。僕もその一人です。何なら最右翼です。最後のFKをスサエタが蹴ってたならば?…って思ってしまいます(決してヨングォンを否定するわけではありません。むしろ良いプレーだったと思っています)。

でもそれくらい可能性を秘めたプレーヤーだということです。後半からの途中出場ということもあり、試合をよくみていながら考えていたのでしょうね。ここまでの展開で足りていなかった部分を補うプレーを存分にみせてくれました。そんな、ポジションに縛られないスサエタの“役割”について、今回は2点に絞って取り上げてみようと思います。

結論から言うと、小野瀬が「スペースを突く」動きを主体にしているのに対し、スサエタは「スぺースを突きながら、スペースを生み出す」役割を狙っていました。ここで「担っていた」としないのは、それまでには至っていないからです。そこが残念です…。

 

① ビルドアップの安定

まずはここです。小野瀬特集でも同じ話題を取り上げましたが、スサエタはもっとわかりやすく何度も、ビルドアップのために下りてくるシーンがみられました。ここではシーンを特定せずに、前節後半の相手陣形に合わせたモデルケースで考えてみます。

自陣深くからのビルドアップで左CBのヨングォンがボールを持ったと仮定。相手は前に4枚、それに対しガンバは2CB+矢島の3枚にGK東口を入れた4枚の最終ライン。ここで左WBの福田が下がればボールを受けられますが、相手右SBが付いてくるので出しても展開しにくい。そもそも相手の左SH家長に詰められているので出しにくい。そうなるとGKに戻すしかない状況が上図です。GKに戻して右に展開するか、そのまま前線にロングボールを放り込むか。それでは発展性がありません。そこで解決策を提示してくれるのがスサエタです。

FWあるいはIHぐらいの位置から素早く下りてきて、新たなパスコースを供給してくれるのです。上図は下りてきたスサエタにヨングォンがパスを出したシーン。スサエタの動きにより、相手のいずれかの選手がスサエタに詰めなければなりません。その結果、どこかにまたスペースが生まれるのです。①は脇坂が詰めた場合。ここでは井手口が浮くので前に展開することができます。②はダミアンが詰めた場合。矢島が浮くので下がってパスを受けられる。中村の選択によって三浦から高尾に展開することができます(三浦に展開でも右は数的優位なのでOK)。

このように、選択肢が増えることがビルドアップの局面では重要です。スサエタが投入されるまでは小野瀬が同じ役割を担う場面がありましたが限定的でした。IHが下りても相手マーカーを引き付けてきてしまうので、数的優位を作り出すという意味では有効ではありません。それに対し、FWが下りるときは通常相手DFはついてきませんので、数的優位を生み出せるのです。

一方で、スサエタが下がった場合、前線の枚数が少なくなるわけですがそこは無問題。なぜならすぐさまスサエタが前線に戻るからです。その判断が早い。なぜ早いのか。それは自分が下がって受けた時点で、2手先3手先の展開を頭に描いているからです。彼の動きを観察しているとそうとしか思えません。確信めいて素早く走り出しています。欧州の第一線で活躍してきた経験が、彼をそうさせているのだと思います。周囲の選手がそれを理解して、連動していければベストなんですがね~。ガンバの選手はそこまでサッカーIQが高くないですね…。

 

② スペースを生み出すナナメラン

これも後半でモデルケース化して考えましょう。ポストプレーで下がった渡邉が、左WBの福田にボールを渡したシーンを仮定。後半64:07~を参考にしています。大阪ダービーのスサエタ特集でも同様の動きを取り上げています。こういう動きが得意ですね。良い意味で相変わらずです。

左の福田のボールが渡った時点で、一気に右FWの位置から斜めに走る動きで、相手の右SBとCBの間の裏のスペースを狙う動きをみせます。このメリットは2つ。一つは、福田から裏へのダイレクトが出れば◎。もう一つは相手CBが図の矢印のように釣られること。ということは…

図のように、相手左SBとCBの間が空くわけです。このスペースを突ければ大チャンス。なのですが、このスペースに走り込む選手がいないんです。誰もスサエタの動きを予期していない、あるいは注視していないからでしょうね。ここの連動性を高めていってほしい。高めることができれば、ガンバは一皮むける可能性があります。あるいは小野瀬がIHなら、このスペースに走り込めたのではないかと想像してしまいます。先の記事でも書いたように、スペースをみつけるのが得意な選手ですからね。

上図はこうできればなという仮定の動きです。スサエタの空けたスペースには渡邉か井手口が走り込むことができたと思います。そこにボールが出せれば大チャンス。仮にその動きに対し、相手左SBの車屋が詰めたとしても、逆サイドの小野瀬がフリーになるので、サイドチェンジの一発を送り込めればOKです。このように3パターンのチャンスを生み出す可能性を、スサエタの動きは秘めていました。ただし課題は他にもあって、そもそも福田がそのようなパスを送り込めるかという資質の問題です。まあそこは若いので、これから伸ばしていける部分ですよね。そこにも期待しています。

それか、アンカーの位置から矢島が直接スサエタの裏狙いに連動できれば、それはそれでOKです。スサエタの動きをガンバの新たな引き出しとして、攻撃のバリエーションに加えていってほしいと思います。今のところ、引き出しではなくただのアドリブになってしまっているので…。

簡単にですが、要点を絞って彼の良さを取り上げてみました。スサエタをどのポジションで使うかは難しい問題ですね。いろんな意見が聞こえてきそうですが、3-5-2を採用するのであれば、僕は今のところFWかIHの位置が良いと思っています。「元はサイドのポジションをやっていた選手だから、WBがいいんじゃないの?」って思う方もいると思います。それは僕も賛成で、特に彼のクロスの質をみれば、サイドで使ってほしい気持ちもあります。でもそれ以上に、彼の動き出しの質の高さ、視野の広さを生かすのであれば、より内側のポジションが良いと考えます(4-4-2のSHならまだしも)。彼が空けたスペースを誰かがカバーor活用できれば良いですし、小野瀬ならやってくれそうです。次節以降しばらく倉田が出られませんので、先発をいじる余地がありますし、これを機会にスサエタを上手く組み込んでいってほしいと思います。

さて、次節は湘南ベルマーレ戦です!監督が替わってフォーメーションを変えてきていることもあり、どのように仕掛けてくるのか読みにくい相手です。監督交代によるドタバタで調子を落としている側面は否めませんが、むしろ何をしてくるか分からない怖さがあると思っています。降格圏にいるからといって、決して油断なりません。時間があれば今回もプレビューを書きたいと思っていますが、過去数試合が参考にならないと思うので難しそうですね。できる範囲で予想してみようと思いますので、またぜひともお付き合いください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました