2019.12.7 浦和戦○(2-3)攻守の「決め事」を読み解く

戦術分析

 

長いようで、終わってみれば、あっという間の1シーズン。優勝争い・ACL圏争い…シーズン当初に想い描いていた、理想の場所にはほど遠いけれど。今シーズンの積み上げを、今ある力をみせてくれ。2019J1リーグ最終節、掴み取るのは3連勝、来季に繋げる1歩目だ!

 

柄にもない導入で始めてみました。itikiです。今シーズン最後のレビュ―をお届けします。

最終節とあって、自然とこみ上げるものがあります。この気持ちは何だろう…!感動も悲観もできる順位ではありませんが、少なくとも今はポジティブに捉えられる戦い方ができています。しっかりと締めくくり、チーム・サポーターともに、来季に希望を持てる終わり方をしなくてはならない、そんな一戦だったと思います。

結果は皆様ご存じのとおり、ここまで積み上げてきたものを、継続して見せてくれた上での勝利でした。2失点は反省材料ですが、自分たちのサッカーに自信を持てるようになってきましたね。終盤は下位相手が多かったので、上位相手にどこまで通用するのかは未知数ですが、「このやり方でいいんだ」と選手たちが思えるようになってきています。ここから来季に向けて、さらに磨き、積み上げていきましょう。

では、今シーズン最後の振り返りに入ります。まずは試合を概説した後、この試合を通じて見られたガンバの「決め事」について、攻守両面から分析したいと思います。こういう「決め事」がしっかり試合の中で確認できるようになってきたことが、ガンバが進歩している証です。調子悪いチームは相手に合わせた戦いをしがちですし、明確な崩し方がみえない=試合ごとに即興でプレーしている可能性が高いわけです。それでは安定した試合運びはできないですよね。「決め事」を選手たちが自信を持ってやる⇒成功することでさらなる自信が生まれる一方で、新たな課題もみつかる⇒その改善にさらに取り組む・さらなる自信も生まれる、という好循環を生み出していくことが大切です。シーズン最終盤ですが、ガンバはようやくそのサイクルに入ることができていると思います。来季に繋げる戦い方、終わり方をしましょう。

スタメン

まずはスタメンの確認から。

ガンバは井手口の発熱により、急遽倉田がスタメン入り。直前だったためベンチメンバーが1人少ない状態でした。それ以外に前節からの変更は無し。ベンチにはパト、千真、福田、高尾、林、そしてお久しぶりの高木です。

一方の浦和も、エース興侶が身内の不幸により急遽欠場に。前節からの変更はMFエヴェルトン⇒柴戸、FW興侶⇒長澤がシャドーに、CFにはマルティノスが入りました。やっぱり興侶の不在を感じさせる内容でしたね。収めどころがない・ストライカーがいない…。

攻撃と守備の「決め事」

試合概説

肝心の内容面ですが、はっきり言います。

「紆余曲折しながらも、少しずつ、少しずつ積み上げてきたものが、花開き始めたガンバ」

VS

「その場しのぎで、チームコンセプトを固めることなく、相手に対応する形で“勝ち”だけを目指してきた浦和」

の構図でした。浦和の試合を継続して観ているわけではないので、語弊があるかもしれませんが、少なくともこの試合と、両者のここ数試合をみた限りではこのように感じます。浦和のサッカーからは「自分たちが目指すもの」が見えてこない。それが低迷の大きな要因なのではないでしょうか。上位チームはなにかしら自分たちの強みとなる形を持っているものですからね。ガンバとしては、相手が対策を講じてきたところで、それを上回るサッカーを目指さなくてはなりません。

最終節のこの試合、前半だけですが、ガンバ目線で一回、浦和ファンになった気持ちでもう1回見直してみました。そうすると、前半終了直後の浦和サポーターのブーイングの気持ちがよく分かります。自分たちの狙いとするところがよくみえないし、主導権をまったく握れない展開。大観衆のホームでなんちゅう試合みせんねん!って気持ちになります。

裏を返せば、それだけガンバが狙い通りに展開を進められていたということです。前半の1得点目は偶発的な部分はありますが、浦和がカウンターに備えていなかったことと、宇佐美の圧倒的決定力により先制。その後も相手を崩して決定機を作りますが決めきれず。ここは来季に持ち越す課題ですね。後半はさすがに浦和も対応してきたので、少し盛り返された感はあります。浦和はフォーメーションをガンバと同じ3-5-2に変えてきました。

変えた理由は以下の2つだと考えます。

  1. 2トップにすることで、ガンバ保持に対する前からのプレスの人数を増やす(前半はマルティノス1枚で行っていることが多かった)。それにより、簡単にアンカー遠藤にボールを預けられなくする。
  2. 柏木を1列下げることで、後ろから前へのボール出しをスムーズにする。柏木の展開力に期待する。

この変化は、ガンバのスムーズなビルドアップを妨害することに一定寄与していたものと思います。後半の立ち上がりは多少苦しんでいた様子がみられました。とはいえ、なんとか掻い潜りつつ、セットプレーを中心に決定機を作っていたガンバでしたが、少し押し込まれた末に62分、FKを柏木に決められ追い付かれます。が、その直後の64分、CK⇒三浦ヘディングで叩く⇒アデが押し込んで勝ち越し!苦手としていたセットプレーから、追い付かれてもすぐに突き放すことができたましんたね。メンタル面の成長がみられます。

その後は一定相手にボールを持たせつつも、71分にはヨングォンの持ち上がりからチャンスを作ったり、その後の右サイド深い位置からのFK⇒三浦のヘディングがわずかにゴール逸れたり、75分にはパト投入でチャンスを広げたりと、ゴールまで迫ることができていたのはガンバの方でした。浦和はボールを奪っても素早く展開することなく、ガンバに戻る時間を与えてくれていたので守りやすかったのではないでしょうか。もっと早く攻められていれば苦しい場面もあったと思うだけに、浦和の判断の遅さに助けられました。浦和の攻撃、迫力無いですね…。

特に後半は、カウンターの応酬でもガンバに分があったと思います。ガンバがスコアでリードしていた分、カウンターリスクに対してガンバDFが前掛かりになりすぎず、ネガティブトランジション(攻撃時にボールを奪われた後の守備に移る局面)に備えられていたと思います。

85分には倉田⇒福田(小野瀬をIHに)に交代。その直後87分に福田のJ1初ゴールが!「弦太くんとあの練習してきたので、ゴールにつながった。」とは福田のコメント。きっとそのとおりで、左のボール回しで相手の意識を引き付けたところに、逆サイドの福田が抜け出してロング一発ゴール強襲!という形でした。狙ってやっているのが分かります。

 

88分に宇佐美⇒高木の交代。お久しぶりです!ここで起用するということは、来季も高木はガンバに居るということなのでしょうか。今季は全然チャンスが与えられなかったので、来季はもっと長い時間みてみたい選手です。92:50にはカウンターからパトが抜け出したところで、中に高木が走り込んでドフリーでしたがパスが来ず、めちゃくちゃ怒ってましたね。そういう熱いエゴは大歓迎です。

89:30にはファブリシオに呆気なくゴールを割られるも、自陣深い位置で福田がボール取り返したところでタイムアップ。

全体的に失点以外は良い内容でした。というのも、チームとしての決め事を遂行しつつ、得点を取って優位に試合を運べたからです。僕が読み取れたその「決め事」を書き出してみます。

ガンバの決め事・攻撃編

  1. まずはアンカーの遠藤に預ける。FW,IH,WB(特に右サイド)が動いてパスコースを生み出す。誰かが空けたスペースには別の誰かが走り込む(3人目の動き)。
  2. FWアデミウソンは積極的に裏を狙う。裏を意識させることで相手DFラインを押し下げ、MFラインとの間を空ける。
  3. アンカーorCBがパスの出し手。狙い所は3つ。①裏抜けに合わせるロング一発、②DF-MFライン間への楔、③上記3人目の動きに合わせたロングパス。

特に前半は、上記の決め事が上手くハマっていました。それは浦和の対応にも問題があるんですが…。浦和は守備時に5-4-1のブロックを敷きますが、そこからの連動したプレスがないですし、特に前半は遠藤にボールが渡ってもあまりプレッシャーを掛けずに、好きに前を向かせていました。そらガンバペースになるわ…。浦和の大槻監督は相手の弱点を突くサッカーをすると言われていますが、この試合でまず遠藤を封じなかったのはなぜ?ガンバのフォーメーションからして、アンカーの位置こそが心臓になるのは分かるはずですが、前半からなぜそこに制限をかけなかったのだろう…。まあ遠藤を封じられても矢島・宇佐美が下りるパターンが確立しつつあるのが今のガンバの強みだと思います。

特に決め事1について、この共通理解ができつつあるのが今のガンバの強みです。下記事中のコメントがそれを端的に表しています。

インサイドハーフの矢島慎也と倉田秋が柔軟にポジションを変えながら、「相手の立ち位置をグチャグチャにしようとした」(矢島)

「ヤットさんを起点に、前でボールを動かせる配置を周りも取りつつ、そこから自由にボールを動かすことをベースとしてやっている」(倉田)

「スペースが空いているので、そこに走っているだけだった」(矢島)

浦議「矢島慎也のコメントからわかる『今の浦和レッズの深刻さ』(Jリーグ浦和vsG大阪)【郡司聡の対戦相手から見た浦和レッズ】」

 

このような動きがはっきり表れた13:46~のシーンを取り上げます。

宇佐美が下りてきたことで生じたスペースに、小野瀬が走り込んでスルーパスを引き出したシーン。中にいたアデには繋がりませんでしたが、繋がれば決定的な場面でした。このシーンで特筆すべきは、①その前の場面で「矢島外に抜ける動き⇒小野瀬中に入る」立ち位置の交換が行われていたこと、②小野瀬はその位置から、宇佐美が下りてきた即座に、そのスペースへ走り出していたことです。上の記事で「自由に」というコメントがありましたが、動かし方はある程度自由にやりつつも、空けたスペースに走り込む「3人目の動き」は、チームとして徹底されていた決め事の1つでした。

悪い時のガンバは、この動きが明らかに少なかった。だからボール回しで詰まることが多く、バックパスで戻してばかり、スペースが無い中で無理に回して、挙句相手に引っ掛けてカウンターをもらうというオチでした。

今はこの3人目の動きが共通理解として出来上がってきたことで、相手の守備ブロックに穴を空けられるようになってきています。来季も忘れずに継続していきましょう。ちなみに、頻繁に立ち位置を替えているのは、以下のイメージです。四角囲いの中で各選手が入れ替わりパスを引き出して前進、相手を押し込んだ場面ではさらに菅沼が駆け上がって攻撃参加します。特にこの試合、IHの矢島と倉田が頻繁に入れ替わっており、どちらが右か左か分かりませんでした。「相手の立ち位置をグチャグチャにしようとした」ってことでしょうね。

4-4-2で始めたシーズン序盤は置いといて、3-5-2を始めた当初はこういう動きが皆無でした。かろうじて小野瀬・高尾の右サイドでオーバーラップする動きがみられたぐらいか。そのころに比べれば、本当に良くなってきています。決め事を守りつつ、さらに流動性を高めて相手を崩せるように発展させていきましょう。

ガンバの決め事・守備編

1.テクニカルポストプレーヤー・アデミウソン!

決め事といえるか微妙ですが、この試合、アデがポスト役としてめちゃくちゃ効いていました。本来、アデはポストプレーより裏に抜け出す動きを得意としています。しかしこの試合では、ガンバビルドアップ時のGKからのロングボールや、守備時のクリアボールを収める役割を担っていました。ボールに対して先に体を入れることで相手より優位に立ち、テクニカルなボールタッチで味方に繋げることで、ガンバのボール保持の継続や守⇒攻の切替に貢献していたのです。

前半5:45、6:45、25:18、41:10と、守⇒攻の起点となるアデのポストワークが絶妙で、テクニカルプレー集のような試合でした。是非とも観返してほしいと思います。

 

2.FWも戻って守備をする。

これは当たり前のようで、当たり前ではなかったのが今季のガンバでした。FWも守備に加わることで、単純に枚数が2枚増えるわけですし、押し込まれる時間を減らすことにつながります。この試合でみえたFWの守備参加には2種類ありました。

  1. 相手ボール保持の場面でのプレッシング
  2. 相手の守⇒攻への切替時、前から戻ってボール奪取

1については、今季ずっと課題として挙げられていた部分です。ここはまだまだ改善の余地ありですが、まず前にプレスを掛けに行く意識が、ここ数試合で継続してみられるようになってきました。ボールを奪いきったり、パスコースを遮断して奪い所を作る段階までは到達していませんが、少なくとも「相手に好き勝手にやらせない」ぐらいはできていると思います。

理想としては、下の画像のようにできればと考えています。狙いとしては、①サイドに誘導して奪い切る、②GKに戻させてロングボールを蹴らせ、屈強なDFラインではね返す、の2つです。相手を押し込む時間を長くし、自慢のパスワークで相手を翻弄する、そんな試合を来季は多く観られることを期待します。

2については、この試合特に効いていました。パトには悪いのですが、後半アデ⇒パトに代わってからは、その違いが特に顕著だっと思います。それは「ボール奪いに走って戻るアデ」「後半途中投入にも関わらず、守備に走らないパト」の違いです。3:42や30:58のシーンなど、76分に交代するまで、精力的にボールを奪いに走っていたと思います。もちろん宇佐美もです。ガンバのIHやアンカーが上がった位置で奪われても、FWが戻って奪いに行くことで、相手に流れを渡さない。ボールを奪い切れなくても、相手のスムーズな守⇒攻への切替を妨げることができます。何気ないことなんですが、90分通じた主導権の握り合いにおいては、地味に効いてきます。だから、なおさらパトの走らなさが目立ってしまいます。守備にも走れないのであれば、今のガンバで先発することは難しいですね…。決定機を確実にモノにしてくれるわけでもありませんし…。

 


今シーズン、いろいろありましたね。一時は降格圏を彷徨いましたし、夏の移籍での選手大量放出、芽が出た若手の海外流出、ウィジョのヨーロッパ移籍…。チームの戦い方がなかなか定まらず、勝てない時期も続きました。終盤まで残留を確定させることができず、気の抜けない時間が長く長く続いたシーズンだったと思います。

それでも、ここにきてようやくチームとしての形が出来つつあります。継続は力なり、着実に成長してきているのです。気を抜かず最終節を勝ち切れたこと、これは去年と比べても成長している部分です。最初に書いたように、チームしての「決め事」がしっかり読み取れるようになってきたこと(特に攻撃面)、それ自体が成長の証なのです。

シーズンの振り返りは、また別記事でまとめたいと考えていますが、最後に一言だけ。

「来季も今の形を継続していこう!さらに成長させていこう!」

そうポジティブに締めくくりたい。来季に繋がる終わり方ができたこと、それが今季の収穫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました