スペインの僻地ビジャレアルまでラ・リーガを観に行った話

サッカー観戦記

 

今回はガンバとは全く関係ありませんが、せっかくスペインサッカーを現地で生観戦したので記事に残しておこうと思います。

海外サッカーはちょくちょく観るのですが、生の迫力は違いました。プレースピードの速さがすごい!速さが速い!!ヨーロッパ旅行の際は無理をしてでもサッカー観戦を予定に組み込むことをオススメします!(今回はそんな無理をしたお話です)

 

時は少し遡り2019年9月1日、ラ・リーガ サンタンデール(リーガ・エスパニョーラのこと。明治安田生命J1リーグみたいなノリです)第3節 ビジャレアルvsレアル・マドリードを現地で観戦しました。9月初めにバケーションを取り、嫁と2人でスペイン旅行に出かけた際に「やっぱりサッカー観戦は外せないよね!」ということで。

 

「ん??「ビジャレアルvsレアル・マドリード」??「レアル・マドリードvsビジャレアル」じゃないの??」

と思いますよね。違うんです。

ビジャレアルのホームゲームを観に行ったんです。

 

「ビジャレアルってどこだよ!」

 

↓↓ここです↓↓

(スペイン語読みでビリャレアルともいいます)

バルセロナからもマドリードからも離れており、旅行者はまず行きません。バルセロナから電車で片道約3時間の距離です。ガイドブックにも絶対載ってません。だって何にもないからです!(スタジアム以外)

いやまあ普通のよくある街なんですが、要するに観光目的で行くところではないんですよ。普通すぎて街並みの写真を撮ってないくらいです。

 

じゃあなんで行ったかっていうと、どうしてもサッカーが観たかったわけです。

スペイン行くならバルセロナかレアル・マドリードをまず観たいでしょ。僕もご多分に漏れませんし、なんなら嫁は昔からマドリディスタです。どっちかのゲームは観たいよねって早い時期からワクワクして計画してたわけです。

これが完全に裏目に出ました。

 

ラ・リーガ2019シーズン試合日程発表! ⇒第3節はどこでやるかな??

どっちもアウェイやんけ!!!

ウッソーソレハカンガエテナカッター

 

2人ともアホでした。両チームともアウェイになる可能性なんて1ミリも考えてなかった。でも今から飛行機キャンセルは料金が無駄やしなあ…ということでわざわざビジャレアルに行くことにしたのです。

 

なんやかんや結果オーライ、貴重な体験ができたと思っています。スペインの中堅クラブだけどスタジアムは立派なものだし、十分スペインサッカーの熱を感じられました。記事のアイコン写真がビジャレアルのホームスタジアム、エスタディオ・デ・ラ・セラミカです。夜に黄色の光が映えてキレイでしょ?ちなみに最寄駅からスタジアムまではこんなかんじ。徒歩20分くらいです。スーパー誰得情報。

 

この試合、結果は2-2のドローでした。簡単にまとめると、

結局なんやかんやベイル出すんか⇒2得点⇒後半アディショナルにイエローカード2枚で退場の大暴れ!ベイル劇場!
ビジャレアルってどんなもんなんやろ?⇒みんな上手いな!全然レアルに負けてない!先制したで!追い付かれても勝ち越したで!
みんな好き勝手に応援するスタイル。ホームやのにゴール裏ちょこんとまとまってるぐらい。でもゴール決まった瞬間はやっぱり熱い!

ってかんじです。

 

レアル・マドリードは皆様それなりに御存じだと思います。ここではせっかくなのでビジャレアルのことを紹介します。詳しく知ってる人はサッカー通ですね。僕は全然知りませんでした。スペイン1部のチームってことと、カソルラが所属しているってことぐらい。

・ビジャレアルCFはバレンシア州カステリョン県ヴィラ=レアルに本拠地を置く。ユニフォームカラーは上下とも黄色。同じバレンシア州のバレンシアCFとの対戦はバレンシア州ダービーと呼ばれる。

・1部リーグでの最高成績は2位。国際タイトルではUEFAチャンピオンズリーグ ベスト4が1回、 UEFAヨーロッパリーグ ベスト4が2回。昨シーズンのリーグ戦は5位でフィニッシュ。

・今シーズンはここまで第8節終了時点で3勝2分3敗の9位。現時点のトップスコアラーはジェラール・モレノで、ここまで6得点(リーガ首位タイ)。他、カルロス・バッカやサンティ・カソルラが所属。

 

ざっくりこんなかんじです。ちなみにカソルラは右足切断の危機から回復を遂げ、再びサッカーができること自体が奇跡ってぐらいの苦難を乗り越えた選手です。そんな彼がピッチ上で躍動する姿を観るのはグッとくるものがありました。プレーもめちゃくちゃ上手くて感動でした。

チームは昨シーズン5位と奮闘していますし、CLでもELでもベスト4と意外に好成績を残しています。スモールクラブなんですが成績はスモールじゃないですね。がんばってます。

 

観戦の雰囲気を伝えるために写真を貼っておきます。ビッグクラブとの対戦ということもあり、大勢の観客で賑わっていました。街には全然人いないのにどっから湧いて出てんだってくらい。試合開始時間も遅い(21時キックオフ)し、あんまりホテルも無いような街なのに、みんなどうやって帰ってるのか謎でした。試合終了の時間には電車終わってるし。

↑ホーム側ゴール裏

↑CKを蹴りに行くトニ・クロース

↑この日大活躍のベイル

 

ご覧のとおりサッカー専用スタジアムです。やっぱりいいですね~ピッチとの距離が間近で迫力があります!有名選手もすぐそばに!

あんまりホーム・アウェイ席の区別が無くて、どこも黄色と白が入り乱れていました。ゴール決まると、どこの席も沸き立つかんじです。上に書いてるとおり応援団もごく小規模で、みんな好き勝手に応援するスタイルなんでよね。日本とは応援の文化がかなり違うようです。

 

そして肝心の試合内容!最初から書いてるとおり、ほんとスピード・展開が速いんですよ。ワンタッチで前を向き、素早く前へ前へ一気にゴールへ向かっていく。失敗してもネガティブトランジションも素早いため、目まぐるしく攻守が入れ替わります。この試合のスターティングフォーメーションは下のとおりです。

ビジャレアル側の選手を全然把握できていないので、得点シーン等の解説はできないのですが、とにかく誰一人として下手だと思う選手がいないことが衝撃でした。正直、「あ、そら日本は勝てませんわ」と思うくらいレベルが違いました。代表ならまだしも、リーグレベルでは歴然の差ですね。

 

偉そうに語ることはできないんですが、選手の上手さって「ファーストタッチ」に一番差が出ると思っています。ファーストタッチで自分のボールにできるか、前を向けるか、それとも味方にダイレクトでパスかはたまたシュートか。相手のプレスやマークを外せるかはファーストタッチの一瞬で決まることが多いです。

ファーストタッチが上手い選手が集まるとどうなるか。チーム戦術に依るところもありますが、展開がどんどん早くなります。両チームともそうなると、目まぐるしく攻守が入れ替わるわけです。そりゃおもしろいわけだ。加えてフィジカルコンタクトも激しいですからね。「速さ」と「迫力」の両方とも日本はまだまだだと痛感させられました。最近はガンバでいうとスサエタしかり、一流のスペイン人選手が少しずつJリーグに増えてきています。彼らから刺激を受けてJリーグも奮起していってほしいなと思います。

いや~~最高でした。ほんとまた観に行きたいです。こうして観に行ったチームってその後の順位とか気にしちゃうんですよね。ちょっと愛着がわくから応援したくなります。ちなみに過去イタリアに行った際はELのラツィオvsガラタサライを観ています。そこからやっぱりラツィオのことは気にかけています。このときは元ドイツ代表のクローゼのゴールが観れて最高でした。

 

みなさんも海外旅行に行かれる際は絶対に現地観戦してきてください!でも試合日程・開催地はよく確認してくださいね!行けるやろって見込だけで決めてしまうのは非常に危険です!

 

が、あえて定番を外すのも意外なおもしろさがあるかもしれません。僕のケースでいうとバレンシア観光ができたことです。当初の予定にはなかったのですが、ビジャレアルから近かったので行くことにしました。結果としては大満足、非常に良い街でした。バレンシアはパエージャ(パエリアのバレンシア語読み)発祥の地なんですよ。日本人がイメージする魚介の豪華なものとは違って、シンプルで肉々しい料理なんです。実際のものがこちら。

ウサギ肉と鶏肉が乗ってます。貝にみえるものはカタツムリです!パエージャは最高に美味しかったですが、カタツムリだけはオススメしません。笑

 

旅行の目的は様々あると思いますが、サッカー観戦のためだけでも価値は十分にあります。でも、せっかく行くならサッカー専用スタジアムを選んでくださいね。迫力が違いますので!

みなさんも良きサッカーライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました